FC2ブログ

Latest Entries

論文対策 下3法

下3法の対策について書きます。

下3法は上3法と比べて基本的な出題が多いです。
基本さえしっかり押さえておけばある程度の答案が書けます。
昔に比べて皆さん下3法の勉強をしっかりやってくるとはいっても
上3法に比べるとレベルは低いので、ある意味おいしいのです。
特に民訴なんかかなりデキが悪いと思われるので、得意科目にしておくとかなりのアドバンテージが得られたりします。


で、使った教材はというと
まず、民事訴訟法が
おなじみ新論文過去問集とスタンダード100.
基本書は持っておらず、調べ物は新論文過去問集の解説部分と予備校のトウレン資料。
こんなんで足りるのか?とか思うかもしれませんが、基本として条文読んで、過去問の出題範囲を全部やれば余裕で足りると思います。
民事訴訟法なんか本当に過去問をしっかりやっていれば絶対にできると思います。
というのも、過去問は全範囲に及んでいることから隙はないし
また最近では毎回毎回おんなじことを聞いているにすぎないからです。


次に刑事訴訟法。
これも基本的には民事訴訟法と同じ。
新論文過去問集とスタンダード100.
ただし、刑事訴訟法については「論点本」を使用しました。
というのも僕は入門講座で柴田クラスをとっていたのですが、
そこで配られた論証集が結構ヤバイ感じで頭が非常に混乱してしまったので。
この「論点本」は非常に良いです。
判例がどういっているか明確にわかりますし、学説、通説がわかりやすくまとめられているからです。
この本のおかげで一本筋の通った見解を確立することができました。
あと、判例百選も一応持っています。
これは非常に暇つぶしになる。
捜査の部分なんて生活に密接に関わってくることから(関わらない?)
非常におもしろく読めます。
でも、別に試験には役に立っていないかな。
結局僕が百選を買ったのも、前述の論証集のおかげで非常に刑事訴訟法に不安を抱いていた時期が長かったことに由来するわけです。
 最後に刑事訴訟法はもっとも予備校問題が役に立つといえるでしょう。
したがって過去問に限らずガンガン予備校問題も検討するのが良いと思います。
捜査とかで「この問題書きづらそうだなー」とか感じる問題をガシガシ書いていきましょう。
刑事訴訟法は文章力の差がかなり出ると思いますので。



最後に商法です。

会社法が大改正されたんで、やるべきことがかなり限定されて楽(?)になったんじゃないかと個人的には思っています。
商法が一番書きませんでした。
ん?
でも商法だけBってことはやっぱり手抜いたからかな?

まず会社法で使った教材は
新論文過去問集と新会社法100問です。
正直まだ学者だって把握しきれてなかったりする会社法でまったく未知の難問が出ることは考えづらいです。
はっきりいって過去問をしっかりつぶしていれば余裕で合格点が取れると思います。
新司の出題だって実質的に改正のない部分だったし過去問対策で対処できましたし。
 新会社法100問は問題集ではなく、読み物です。
これは解くのではなく読んで勉強する感じですね。
あと弥永会社法も持っていますが、コレはいらなかった。
会社法100問と矛盾した記述が大量にあったりして混乱しただけだったから。
ただし、旧会社法をまったく知らない人はなんか基本書か予備校本とか読んだほうが良いかもしれません。
とはいえ入門講座を受けたという人なら、条件は僕と同じなんで僕と同様に新論文過去問集と会社法100問でOKかと思います。

次に手形法と商法。
これはいつもの新論文過去問集とスタンダード100のコンビで。
手形についてはいろんな基本書を図書館などで読んだ。
で、結局わからなかった。
手形の問題は実務と離れたフィックションが多いのです。
で、そんなことは基本書に書かれておらずよくわからないことが多いのです。
結論としては理論的に明確にしていきたいならば通説はやめて、
創造説を採るのが良いかと思います。
交付契約説はあまりにあやふやで、それにもかかわらず説明が放棄されているんで。
合格する勉強をするには、創造説になるか予備校本の答案をそのまま鵜呑みにして何も考えずに処理するかのどちらかにすることです。

というか、手形については誰か良い本教えてください。

まあ、新論文過去問集とスタンダード100をやっておけば合格するくらいの成績は取れるってことです。
うん、手形だけは真似しないほうが良いかもしれません。

























論文対策 上3法

論文対策として、使った教材を紹介します。

論文は知識や論証うんぬんより、文章力がもっとも大事だと考えていました。
論文の添削してて思うんですが、やはり多くの方が文章力が普通に足りないような気がします。
文章力をつけるには頭を悩ませながら実際に文章を書くこと以外にないと思います。
そこで僕はとりあえず論文を書きまくるという戦術を採用しました。
ここ1年で少なくとも500通(一日3通から6通書いた。ただし、土日や飲んだ次の日は休んだ)は書いたと思います。
答案構成だけすれば足りるのは、一定の文章力がついてからのが良いと考えています。
僕が構成だけに留めたのは択一試験後の論直期(といっても勘を保つため2通くらいは書いた)からです。
それまでは一日20通くらい構成し、その他書きづらいと思われる問題について3通から6通答案を作成したという感じです。

したがいまして僕の論文対策としましては、当然に問題演習がほとんどということになります。

で、使った教材はといいますと
新論文過去問集とスタンダード100です。
新論文過去問集は論文過去問を理解する用。
スタンダードは予備校問題で一応細かい論点を習得する用です。
正直言いますと、論文過去問をすべてしっかり解けば論文試験ってほんと毎回同じことを繰り返し聞いているだけなんだということが解り、過去問だけで足りるように思うんですが、万が一新規の論点が出たときにも対応できるようにスタンダード100を併用するという感じです。
過去問ならスタンダードだけでいいんじゃない?という意見もあり得ますが、スタンの答案の中には明らかに間違っちゃってるものやヤバイ答案が結構含まれています。
過去問は最も重要なだけに様々な答案を比較検討するべきと思います。
したがって過去問に関しては何冊あっても良いくらいに思っています。
また新論文過去問集は論点解説が充実している点もお勧めできます。

基本書は読まなくとも合格くらいはできると思っています。
現に僕も持ってませんし。
調べる用の教材は、前述の新論文過去問集と完択です。

というか上3法についてはしっかり択一対策をしておけば知識としてはもう十分だといえます。
論点の対立で解らないことがあったなら、完択、新論文過去問集で調べれば十分だ、と。

予備校のテキストはLECでもらったプロビというやつを持っていますが、
封を開けたのは合格してからで全く使ったことはありません。

結局、上3法は択一対策をしっかりやって、文章を書く訓練をするだけなんだと思っています。

上3法の教材
完択(択一過去問)、新論文過去問集、スタンダード100
この3冊で論文合格はいけます。

と、ここまで書いたんですが、
もし仮に今年落ちていたら基本書を読もうと考えていました。
基本書を読むことは将来的には無駄になることはないと思います。
実務についたら膨大な資料を読まなくてはならないですし、なんだかんだ言って学者の持つ問題意識は発想として勉強になる部分は大きいからです。

ただ、合格しなければ話にならないこの世界においては時間を有効に使い早期に合格しなければなりません。
新論文過去問集とスタンンダード100に掲載されている問題について全部理解し書けるようになっておけば
論文合格くらいはできるということです。
参考にしてみてください。




スタンダード100 民法 近刊

入門~択一期 刑法編

択一刑法。

これはもっとも楽?

というか、過去問ガンガン解いてわからないところを完択で確認(調べる)するという感じ一本。

刑法に関しては択一の勉強がそのまま論文、口述に直結します。
択一でしっかり高得点が取れるならば、基本的な論文の書き方さえ覚えればそのまま論文がかけてしまいます。

しかし、
択一刑法には初学者の人は大概びびります。
一問3分半なんかでとけーねーだろ!!って。
でも問題演習を繰り返す内に速く解けるようになります。
ていうか、速く解けるような訓練をしなくては絶対に受かりません。

僕もはじめはかなりびびりました。
一問30分くらいかかったと思います。
でも、訓練の結果最終的には刑法も一問3分半でいけるようになりました。
択一刑法って少し特殊で全く刑法について知らなくても
論理的に考えれば解けてしまったりするのがほとんどなんです。
よく学説を暗記しなければ解けないとかいうけれど、全くそんなことはないと思います。
ただ時間はかかりますが・・

そこで僕はとりあえず全く知らない分野の問題でも、いきなり問題を解きにかかりました。
じっくり時間をかけて、択一刑法に求められる論理操作の技術の訓練をしたのです。
で、学説や刑法についての考え方は択一過去問の問題や解答から得たという感じでした。

これは成功だったと思っています。
知識がない分、与えられた見解をじっくり分析し純粋に論理で考えるという現場思考の基礎が学べたからです。
また択一過去問刑法は満遍なくすべての分野にわたっているので、無駄なく穴なく知識も得られたし、試験委員の関心分野も重点的に勉強できたと言えるからです。

ここで刑法については、できれば過去問以外の択一問題集もやるといいかもしれません。
ただし、過去問については絶対に間違えないというくらいに実力がついてからですが。
刑法についてはひたすら問題を速く解く訓練をしなければなりません。
過去問だけだと慣れで解けちゃったりするんで、未知の論理問題に触れるのは大きいと思います。

百選とかは全く不要だと思います。
僕も持ってませんし、判例自体あまり問われないですから。
よく穴埋めで「判例は( )」とかありますが、
ほかの部分の穴埋めと論理操作で答えは導けるのがほとんどです。
「判例は?」と書いてあるだけであきらめたりは決してしないように。

肢別本ですが、僕は一応やりました。
不要説がかなり強いですが、判例の見解を一応知れるし、また判例の事実認定の基準について知れるというメリットがあります。
論文で事実認定するときに意外と役に立つと思います。
まあ、でもやらなくても全くかまわないといった感じですかね。


最後に、択一は全科目を解く時間配分が最も重要です。
予備校の択一模試をガンガン受けて、3時間半の過ごし方の訓練は絶対に行いましょう。







入門~択一期 民法編

民法も基本的に憲法と変わりません。

まずインプット用に完択民法。
アウトプット用に択一過去問。
知識チェック用に肢別本。

これだけです。


よく完択は通読すべきか?とか議論になったりしていますが
僕個人としては通読なんて時間の無駄だと思っています。

やはり問題にあたって、よくわからなかったことや知らなかったことを確認するために調べる程度でよいと思います。
あと完択は理由がないから・・・なんて意見も聞きます。
ぼくは理由がないくらいのほうが勉強になって良いくらいに思っています。
僕は理由を自分で必死で考えました。
なぜこうなるのか?判例はなぜこのように判断したのか?

論文や口述は自分で考える能力がなければ突破は難しいです。
というか、実務に出たら未知の問題ばかりで自分で考える力がなければ事件解決をなすことは不可能になってしまいます。
択一の段階で考える訓練ができる良い機会なのです。

それにそもそも過去問レベルのことは、しっかり解説かなんかに理由は書かれています。
それで十分でしょう。


あとは予備校の模試を受けてわからなかったところをしっかり確認し自分のものにすれば、OKだと思います。
過去問以上の知識だって、過去問レベルの理由から考えれば自分で結論を導くことはできるのがほとんどです。

入門の時に択一を解いていくことのメリットは「考える力」が養えるという点が一番大きいと思います。

僕はこのような勉強方法で、入門の上三法が終わった時点(勉強開始半年くらい)におけるハイレベル模試で普通に合推を超えることができていました。

択一過去問をしっかり「理解」する。
これだけで択一合格レベルになれることは間違いないと思います。

なお、肢別本は憲法と同様時間のない人には有用です。
全肢理由がしっかり自分で言えるようにするのは当然に必要です。
ただ読んでいる内に結局民法の理由づけってほとんど同じなんだなーと気づくはずです。
民法ってじつは覚えることそんなに無いんですよ。


百選は要りません。
僕も持っていませんし、過去問や完択、論文の勉強、模試などで判例が何かは十分情報が入ってくるからです。
まあ、あっても良いとは思いますけど不可欠ではないという意味です。




入門~択一期 憲法編

択一対策編

憲法 

もうこれは完択でインプットして、過去問でアウトプットで十分だと思います。
厳密に言うと、過去問をやりながら不安な部分を完択で確認するという感じで。
この勉強は入門の時にやるのが最も重要です。
講義を受けた後、該当場所の択一過去問を解く。
わからなくてもいいから一応解く。
よく全体的に勉強(インプット)が終わってから過去問はやりたいとかいう人がいるけど効率が悪すぎる。
とてつもなく勉強する範囲は広いんだから、さっさと終わった部分から処理していかなくちゃ消化不良を起こしてしまいますよ。
時間が少ないんだから、さっさとできるところからバンバンやっていくべきです。
時間がない人には芦別本がお勧めです。
芦別本は過去問に出た選択肢がすべて一問一答形式になっているので過去問をムラなくつぶせます。
また何気に憲法芦別本は直前期に知識(特に統治)を一気に確認できるので結構お勧めです。
新司法試験対策においても、旧司法試験対策の勉強は有効だと思っています。
択一に関しては判例の重要性が増してはいるものの、憲法に関しては知識レベルは大差ない出題であったからです。


あと百選ですが、個人的には旧司法試験の択一用には不要だと思っています。
というのも過去問に出た判例について解説や穴埋め後の完成文をしっかり読み込めば十分だからです。

が、判例百選は多くの方が読み込んできます。論文、口述と判例の理解はどんどん重要性を増してきます。
早い時期から判例を繰り返し読んでおくことは択一後に役に立つことは間違いありません。
したがって時間がある方は百選を読んでおくこともアリだと思います。
新司法対策については、判例が非常に重視されていると聞きます。
よって百選は不可欠でしょう。


入門期の勉強の仕方で択一は大きく差がつくと思うのでしっかりやったほうが良いと思います。






Appendix

プロフィール

61fighter

Author:61fighter
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

http://blog.with2.net/link.php?407876
このブログをリンクに追加する